連結納税申告 更新録 平成29年3月5日  ご連絡先  03-3556-8114

 

........

 

現在 会計事務所求人募集中!

連結納税に参加できる子法人の範囲


連結納税に参加できる子法人は、どんな会社でも

参加できるものではありません。


次のような子法人が連結納税に参加できます。

@連結親会社がその発行済み株式総数の100%を

直接又は間接的に保有している内国法人である

普通法人です。

A休眠中の法人
(法的に解散決議を行っていないため含める)


(注意)
議決権株式数ではなく発行済み株式数の100%保有に注意



連結納税に参加できない子法人


@清算中の法人

A外国法人

B資産の流動化に関する法律に規定する特定目的会社

C連結納税の取り消し、取止め等から5年を経過していない法人


発行済み株式総数の100%保有について



連結納税の子会社判定で、発行済み株式総数の100%

保有での判定は、子会社の発行済み株式から次の

株式は除いて判定します。

@自己株式

A従業員持ち株会の株式と新株予約権の行使により、

その法人の役員又は使用人が保有する株式合計が

発行済み株式総数の5%未満のもの



 

 

■ いいね!ボタン ポチッと & Twitter 

皆様により良い情報を発信していきたいと思います。
いいな〜と感じたら、ポチッと「いいね!ボタン」をクリック&ツイート。

........

会社設立代行方法法人設立手続き  相続税申告遺産相続手続き  会社設立代行節税税金対策税理士  税金対策で節税 株式会社設立方法手続き代行  独立起業開業会社設立 税理士会計事務所会社設立紹介 合同会社設立代行手続き方法 Facebook相互いいね 相互いいねFacebook